メインイメージ

テレビ会議のお悩みありませんか?

 テレビ会議がつながらない。

 テレビ会議システムを効率よく運用できていない。

 購入後、社内に浸透しきれていない。

 保守に加入しているけど、サポート対応がいまいち役に立たない。

 初年度に不具合が起きなかったから、今は保守加入していない。

このようなことでお困りことは、保守サポートで改善・解決することができます!

保守サポートは、テレビ会議管理者様の味方です。
万が一の不具合時には、テレビ会議管理者様の負担を減らしてさまざまな障害を最小限に抑えるようサポートします。

テレビ会議 保守サポート

 

保守サポートに加入するメリット

保守サポートというものは、通常稼動しているときにはその存在について考えることはありません。
しかし、システムトラブル発生時またはテレビ会議運用面で問題を抱えたときにはユーザー様の味方となり、
より良いテレビ会議環境の維持をサポートします。

テレビ会議保守サポートには、ユーザー様の「困った」にお応えする安心メニューが用意されています。

  • コールサポート

通常の操作説明から不具合時の受付など、一時受けをユーザー様のテレビ会議運用をサポートします。

  • 不具合発生時の障害切り分け作業

不具合の根本的問題を切り分けます。
通信ができない状態になった際、システム本体に問題があるのか、またはネットワーク側にあるのかを切り分ける必要があります。
また、複数拠点で接続していた場合は、どの拠点に会議中の音声不具合の際は、どこの拠点に問題があるのかを突き詰め、
また、どちらに問題があるのかでその後の対応方法が変わるので、障害切り分けというのはとても重要な作業です。

サポートデスクでは、ユーザー様からの「通信できません」というお問い合わせを受けた後、手順を追って障害切り分けを実施します。

  • 不具合製品の修理対応

故障機と認定後、速やかに手続きしメーカーへ修理を依頼します。

  • その他

修理期間中に、機会損失を防ぐために「代替機」を貸し出すサービスもあります。

 

更新情報

2013.12.20 XXを更新しました。

 

関連サイト

テレビ会議に関する情報サイトをご紹介します。

・遠隔教育ガイド
テレビ会議・Web会議の遠隔教育利用についてご紹介

・テレビ会議販売終了製品ご紹介サイト
販売終了になったテレビ会議システムの困ったを解決

・テレビ会議の周辺機器
テレビ会議システム用周辺機器情報サイト

・テレビ会議海外導入支援サイト
海外拠点へのテレビ会議導入をサポートするプログラム